産後ダイエットの停滞期について

食事制限や、毎日の有酸素運動が、肥満予防効果があると思っている人は多いようです。肥満にならないためには、どんなことが有効でしょうか。突きつめれば、体重を増やさないためには、消費カロリーが摂取カロリーを上回る状態を継続するということでしょう。1日に使いきれない量のカロリーを摂取すると、使いきれない分は体脂肪として蓄えられますので、肥満になりやすくなります。肥満の予防には、できるだけ、体内でカロリーを余らせないようにすることです。かといって、極端な食事制限などで食事量を絞ると、人間の体は非常事態が発生したと思い込んで、エネルギー消費を抑え込みます。消費するエネルギーを節約することで、体を維持しようとするのです。人間の体には、ホメオスタシスと呼ばれる作用があり、カロリー摂取が少なくとも身体機能や体重が低下しないようにします。つまり、体の本能が栄養が無くなってきたから代謝を使わないようにしないといけないと体重が減るのを守るのです。アイキララのみんなの口コミはこちら